検査の目的
長時間(8時間から24時間)心電図を記録することにより、不整脈や狭心症を診断します。また、心電図だけでなく血圧を1時間ごとに測定し、夜間睡眠中の高血圧・低血圧の状態まで調べられる機種も用意しました。

検査の方法
胸に電極を貼り付け、小さな記録器を首にかけてもらいます。器械は下着の中に隠れますので外からはわかりません。血圧記録のできるタイプは、血圧計用のポンプを内蔵しているためやや大きく、ベルトに付けるようになります。検査中の入浴はできませんが、その他の日常活動・運動は普通にしていただき、どのような変化がみられるかを調べます。

予約と説明
検査は予約制で、装着した翌日には来院していただき器械をはずします。
結果は検査終了後直ちに解析し(所要時間5分)、その日のうちにモニターでご覧いただけます。