検査の目的
心臓の働き・心筋や弁膜の状態・心臓内血流の異常などを調べます。

主な対象疾患
高血圧、心筋梗塞や狭心症などの虚血性(きょけつせい)心臓病、心臓弁膜症、種々の原因による心不全、心筋症、心筋炎、大動脈瘤など。
検査の方法
検査は予約制で、15分程度で終わります。横になっていただき、超音波探触子を胸に軽く当てるだけですので痛みはありません。レントゲンのような放射線も出ず、繰り返し検査を受けても身体に害はないといわれています。
なお、絶食の必要はありません。


結果説明
当院では検査終了後直ちに動画像・静止画像とも診察室およびエコー検査室の画像コンピューターに転送されます。診察室では高精細モニターで全ての画像を見ながら結果を聞いていただけます。
また、ご希望があれば画像を再生ソフトと共にCD-Rに記録して後日お渡しすることも可能です。