当院ではプレートと呼ばれる板に撮影された画像がデジタル処理され、画像がコンピューター2台に直接送られます。診察室の高精細モニターでこの画像を観察し診断しますので、いわゆる従来のレントゲンフィルムはありません(フィルムレス)。画像は画面上で拡大したり、条件を変化させ病変をわかりやすくさせることができますし、以前の画像をすぐ呼び出せますので、並べて比較することが容易になります。必要であればCD-Rに記録して他院へお持ちいただけます。